コクトーの実験室 ~現実を拡張せよ!~

繰り返しの日常から、いかにして現実を広げていくのか。その過程をほぼリアルタイムでシェアします。

"自分と向き合う"のはほんの少しでいいんじゃない?

ここ3年ほど、自分と向き合いまくった僕が、出した結論。

 

"自分と向き合う"のはほんの少しでいい。

 

f:id:kokuto_777:20170827222751j:plain

 

今は"心の時代?"

昨今では、「今は心の時代だよねー」っていうニュアンスの言葉をよく耳にします。

確かにそのとおりだと思います。

 

戦前の、モノやサービスが行き届いていなかった時代から、急速な経済成長を遂げ、今ではモノは余り、庶民でもあらゆるサービスを受けられるようになった。

 

でも、今度はその反動で、「モノではなく心が大事」って風潮になっている。

まぁ、経済が行き詰まってきて、GDPも中国に抜かれ、今も国際的にみた地位(?)は下がり続けている。おまけに人類史上例を見ない、超絶な少子高齢化が起きているのに、有効な対策はとれないでいる。

つまり、"モノ・金"を大量に所有するという今までのごまかしがきかなくなってきたんじゃないのかなぁと思う。

なぜなら、これ以上の成長が国として望めないので、豊かになれるのはごく一部の人だけだからだ。

というか、ぶっちゃけ、一番経済的な恩恵を受けてきた今の老人達を見ても全然幸福そうには見えないんだよな~。(若い世代なら共感してくれる・・・はず?)

 

おまけに、日本は実質無神論者の国家です。

他の国ではあって当たり前の、宗教という精神的な支えがない。

これは僕の個人的な考えなのだけれど、別に宗教でなくても、何かしらの精神的な支えってのは人間にとって必要だと思う。

たぶん普通の日本人なら、宗教という言葉を聞くだけで拒絶反応を起こす人が大半じゃないだろうか。

でも、宗教が具体的に根付いてない国って、世界的に見ても珍しいんですよ。

 

ネガティブな見方かもしれないけれど、

人間って、世界を自分で作ったわけではないし、自分で自分を選んで生まれてきたわけでもないし、状況や未来どころか自分の心や行動ですら完璧にコントロールできないじゃないですか。

つまり、人間って、

"勝手に産まれさせられて"

"否が応でも死んでいく"存在だと思うんです。

 

これを自覚した時に、たぶん人には、

何か信じるもの=人生を全うする理由

が必要だと僕は勝手に確信しているんですが、今の日本にはそれが在るようには思えない。

 

だから、今の日本人のメンタルはかなりやばいことになってるんじゃないのかなぁと思う。

世俗にもたいして楽しみは見いだせず、神にもすがれないんだから。

 

そこで必然的に、「心の時代」とか「自己成長」とか「自分らしく生きる」ということの関心が向いてくると思うんです。

 

みんなって誰?

 

はい、わたしのことです。

 

自分と向き合いすぎると生命力が弱る

上の方で、なんで偉そうに個人的な想いを述べたのかというと、

述べた内容がまさに、僕が辿ってきた精神的なプロセスそのものだからです。

 

世俗にも価値を見いだせず、神(とか宗教とか)を信じることもできない。

だから、「確かに存在する自分と向き合う」てことを始めたんです。

自分の感情や思考を辿ってみたり、

ホントは何がやりたいんだろう?なんてことを探ってみたり、

いずれなくなる命なら、どういう人生を全うしたいか?ってことを考えてみたりしました。

 

その結果、何も分かりませんでした。

 

いや、ホントに。

 

俺は人生でこれを成し遂げたい!とか、

このために命を賭ける!

みたいなものは見つからなかったんです。

 

なんでかって、自分にとって、自分の命=人生より重たいものなんてないから。

恋人や家族がいれば話は別かもしれないけど、

生きる理由が他人のためっていうのは、昔から違和感が拭えないんです、僕は。

 

誰かのために生きる、他人を幸せにするために生きるってよく聞きますが、

"じゃあその他人は何のために生きてるの?"って問われたら、答えようがないじゃないですか。"AさんはBさんのために、BさんはCさんのために、CさんはDさんのために生きるのか?なんだかネズミ講みたいだなぁ。"などと思ってしまいますし、

それでは家族や身寄りのない人は生きる理由がないってことになりますよね。

そんなのおかしいじゃないですかー。

 

 

というわけで、自分が納得できるだけの生きる理由を探そうとして、自分と向き合ってみたんですが、何も分かりませんでした。

 

それどころか、かなり、、、そう、かなり精神状態が悪化しました。

 

それもそのはず。

 

こういう、答えの出ない大きな問いっていうのは、

昔から哲学者とか宗教者が一生かけて答えを出そうとしても分からずじまいで、自殺したり、発狂したりするような代物なんですね。

だから、例えば仏教の僧侶は出家をして、その問題だけに取り組む。

それでも分からないものなんです。

 

たぶん、答えが分かったって言う人は、何かを無条件に信じているんだろうなぁと思う。土台=信じるものがないと、答えは出せないから。

 

でも、分かっても分からなくても人生は続くのだ。

 

 

 

 

 

 

同じ人間 違う生き物

「僕ら人間は同じ人間なんだから、理解し合える」

「所詮人間同士は理解し合えない」

ではなくて、

「俺達は同じ人間だけど違う生き物だよね」

という破綻した物言いが実は的を得ているんじゃないかという話。

 

f:id:kokuto_777:20170827002129j:plain

 

欠点に悩む

 

僕は欠点が多く、不器用な人間だ。

 

手先は不器用だし、観察力に欠けるし、興味がないことを考えたり、やり続けたりするのが苦手だ。

だから、よく人からからかわれることが多い。

 

特に大きな失敗もなく、今まで順風満帆な人生を歩んできたのだが、それは端から観たらそう見えるというだけの話である。

実際は中学校ぐらいから今までけっこう人からネタにされることが多く、また、人が当たり前に知っていることやできることでも、上手にできないことが多い。

(飲み会で料理を取り分けたり、車の運転だったり)

 

また、人と感覚の違う部分があるらしく、いまいち会話のリズムであったり、場の雰囲気に乗り切れないことが多かった。

 

だからなのか、よく自分の欠点に悩み、なぜこんなこともできないんだろうか、と落ち込むことも多い。

 

そんな僕だから、とりわけ自分と他人について考えることも人よりはかなり多いと思う。

 

いうまでもなく、悩み・・・特に「自身のなさ」や「劣等感」で悩む人は、他人との比較で苦しんでいる。

"人より自分は劣っている"と感じることはたぶん誰にでもある。

そしてその感覚はとてもつらいものだ。

 

"みんな同じ"という前提を捨てよう

他人と比較して、そこから来る劣等感は、自分を成長させるバネになる場合もあるのだろうが、たいていの場合は心を憂鬱感・無気力・焦りでかき乱し、その人から行動力を奪ってしまうと思う。

でも、なぜ他人と自分をわざわざ比較するのだろう。

それはたぶん、どこかで、

「あの人と自分は同じ人間なんだから、比べることができる」

と思っているからではないだろうか。

「あなたと私とあの人は同じ人間で、同じ土俵の上に立っている」

と思うから、ついつい比べてしまう。何もいいことはないのに。

 

だから見方を変えてみる。

 

「僕らは見た目と作りは同じだけど、実は違う種類の生き物なのだ」と思えばいいのだ。

 

そしてたぶんこの例えはそんなに的外れでもないはずだ。

 

今も昔も、本やテレビで色々な人の生き方に触れることができる。

特に最近は誰でもブログを気楽に書けるおかげで、情報発信をする人が爆発的に増えてきた。

色んな人を観ているとつくづく思う。

「人とはこんなにも違うものか!」と。

 

それはもう、同じ生き物とは思えない人もいる。

 

でもそれは、特別な誰かと凡人を比べた場合だけの話じゃない。

 

ごく普通に見えるサラリーマンが100人いたとしたら、それぞれみんなが、ホントは違う種類の生き物なのだ。

 

違う生き物同士を比べることに意味はあるだろうか?

 

サンマとネコを比べて、どちらが大きいか

カマキリとライオンを比べて、どちらが勇気があるか

ヤシの木とヒマワリを比べて、どちらが美しいか

 

そんなことを競うことに意味がないのと同じで、人間同士を同じ土俵に乗せ、比較することに意味はない。そんなの、キチガイじみている。

 

 

自分らしい成長を

 

つまり、他人と自分を比べることは、そもそもがおかしなことであり、不可能なことなのだ。そんなことをしていては、一部の能力と才能に恵まれた人しか気分よく生きることはできないし、そういう人達も、常に自分と他人を比べていないといけないので、内心ビクビクしながら生活することになるかもしれない。

 

そうではなくて、

自分はなんのために成長したいのか

そもそも成長ってなんだ

自分はどう生きたいんだ

ってことを少しずつでも知っていかないと、いつまでたっても前に進んでいる実感が湧かないと思う。

 

固定された、一つの"正しさの型"があって、誰もが自分をそのカタチに加工しようとするのではなくて、

僕にとって、あなたにとって、あの人にとってふさわしく、しかも自然な型があって、それぞれがそこに向かって成長・変化していくようになっていけば、とても美しいことだと思う。そしてたぶん、そういう生き方をする人が増えると、他人をむやみに批判したり、建前で身を守ったり、お互いがお互いを加工しようとするギスギスした今のこの空気感も和らいでいくのではないかなぁと思う。

 

 

 

 

 

 

たぶん、自分を守る必要なんてないのだ

f:id:kokuto_777:20170825011719j:plain

 

 

最近、坂爪圭吾さんのいばや通信を読みまくっている。

 

この人の生き方のなんと清々しいことか。

この人の文章のなんと力強いことか。

 

今までの人生の中で、僕は「自分を成長させる」とか、「自分をスマートに見せる」ことを躍起になってやろうとしてきた。(全然できていないが)

特に社会人になってから、その傾向が強くなってきた気がする。

 

でもたぶん、それは間違いだ。

ここ3年ぐらい、いいようのない不安やもやもやを感じていたのだけど、どうやら僕は自分を守ろうとしすぎていたみたいだ。

もっというと、自分が分かる範囲での常識や”こうあるべき”に自分を適応させようとしていたのだ。

つまり、確実に安全な範囲に自分を押し込め、守ろうとしていたのである。

それが苦しみの原因だったことにようやく気がついた。

 

上記のいばや通信でよく言われていることがあって、それは"死んでこい"という意味のフレーズだ。

たぶん人は、自分自身を何かの基準に当てはめて、"生きよう"とすると腐る。

そこには何の新鮮さも、驚きも、世界が開けてくるあの開放感もない。

生きることで精一杯だった時代はそれで良かったのかもしれない。

死ぬことが身近で、みんなが安全に生きていることに喜びを感じられた時代があったのかもしれない。

でも今は違う。

生きること、安全であることが当たり前になった。

代わりに、人間から、生き生きとした活力・純粋で自然で素直な喜びが失われている気がする。たぶん僕らは一度、蓄積したものを削ぎ落として、原点を思い出す=野生とか自然と呼ばれるものを取り戻す必要があるのだと思う。

 

どうも、今の日本で暮らしていると、生命力というか、生きる力みたいなものがすり減っていく気がしていたのだが、最近なんとなく原因が分かってきた。

要するに、生き延びよう・保証を得ようとしてはダメなのだと思う。

 

世の中には、目標達成のための方法やスキルが溢れているが、そもそもフツーの意味での成功。。。金儲けとか有名になるとか、素敵な異性をゲットするとか。。。ってことに本気で、本気で憧れている人はどのぐらいいるのだろうか?ぶっちゃけ、もうそういうのには飽き飽きしていて、魅力を感じません!って人が実は多いように思う。(特に若い世代になればなるほど)。だって、そういうものを追い求めてきた、今の50代以降の人達が、ちっとも幸せそうじゃないんだから。

 

つまり、新しい価値観がいよいよ必要になってきていて、その芽はあちこちで出てきているように感じる。特にネット上で。

 

蓄積の価値観がもう終わったのだと思う。

これからは、いかにシンプルに、自分にとって大事なものを大事にしていくかが問われてくるのかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最優先事項に沿って行動する

僕がサラリーマン生活に疑問を持ち始めたのは、社会人になってから1年半が過ぎた頃でした。

 

・このままの生活を続けていて、本当に納得できる人生が送れるのか?

・今の延長で仕事やプライベートを充実させるのは何か違う気がする。

・老人になって定年するまで、興味のないこと・嫌なことに一日の大半の時間と労力を使うのは、まともな生き方といえるのだろうか?そうまでして社会貢献したり、人の役に立つために俺たちは生きているんだろうか

・成否にかかわらず自分の思うように生きるほうが、ダラダラと不満をくすぶらせて生きるよりずっといいんじゃないか?

 

典型的な自分探し野郎の思考ですが、本人にとってはかなり切実なんですよね。

なにせ、毎日毎日こういうことを考えてもがき苦しんでいるんだから(笑)

 

いつになったらこの苦しみは終わるのか・・・

今でもう2年ほど、特に解決の兆しが見えない状況ですからねぇ。

 

でも、この苦しみから学んだことがあります。

 

"コンディションを整える"系では現状を変えられない

 経過

なんか毎日元気が出ないなと感じてたので、まずは土台固めが重要だと思い、食事、運動、睡眠などを見直した。

・いつのまにか、土台を固めることが目的になっていた。

 東洋医学のセミナーに30万円ほど払って参加

 運動とか瞑想の本・ブログを読み漁る

 ジム通い

・土台を固めれば、元気がでたり、行動的になれるんじゃないかと期待していた

・でも、なんだか生活にハリというか、進んでる感が出ない

 

直接現状を変えられそうな行動は何か?

 

・ハリがでないのは、自分にとってよりよい未来をイメージさせてくれるような活動をやていなかったから。

・まずはどういう未来を作りたいか。を決める(完璧に決めなくていい)

・そのためにはまず、どんな行動を最優先にすべきか?を定める。

・コンディションを整えるのはその後。 

 

行動を少しずつ習慣化する

 ・初めからきっちりやろうとしない

・まずはカタチだけ真似てみる

例)ブログなら、文字数や内容など気にせずに、思いついたことを書いてみる。

  読書なら、とりあえず本を読む習慣そのものをつける。理解度は問わない

  運動なら、まずは時間を作って、着替えて、歩いてみる。効果がありそうかどうかは2の次。

・行動を多く設定しすぎない。

・完璧な予定などないし、完璧に予定をこなせる人間などいない。

 

読んで気がついた方もおられるかもしれませんが、要は

"結果を気にせず、期待せず、気楽にやり続ける"ことが大事だ、と言いたいわけです。

 

僕も含めて大抵の人は、何をするにも結果ばかり気にして

「これは本当に正しいやり方なんだろうか」

「もっと他にいい方法があるんじゃないか」

「もう10日も経つのに何の成果もでないじゃないか!」

「なんとしても完璧にこなさねば」

 

などといって、毎日焦り、からまわりしているのが正直なところではないでしょうか?

 

でも、やっぱりそれでは結果が出るまで続けられないと思うんですよね。

(そもそもまともな精神状態じゃないし。)

 

だから、もっと長期的な視点に立って、力を抜いて作業することが大事なんじゃないかと思った次第です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

期待しない

ネガティブに思われるかもしれません

"人生に期待すること"って、辞めた方がいいんじゃないかと最近思います。

 

これはホントにネガティブな意味で言っているんじゃないんです。

 

ただ、どうも、今に生きる僕らは自分自身や人生に多くを求めすぎているような気がします。

子供の頃から「夢を持て」「人生は楽しんでこそだ」「常に希望を持って、後悔のないように」などと僕らは言われてきました。

 

でも、現実はどうか?

 

ほとんどの人・・・少なくとも9割以上の人は、パッとしない、平凡で退屈な人生を送っているのではないでしょうか?それが現実ではないでしょうか?

 

でも、それって当たり前というか、人間ってそんなもんじゃないかと思うんです。

 

人間の歴史が始まってから今まで、人生に満足して死んでいった人の数って、割合でいえばかなり少ないんじゃないでしょうか?

 

そしてだからこそ、「もっといい人生を送りたい!」と思い、悩む人は常に絶えないし、上記のような「夢や希望を持って人生を歩もう!」という主張が絶えないんだと思います。

 

”期待”が毒になる

でも、夢や希望・・・いわゆる、"何かに期待すること"って毒になることが多いと思います。特に今の時代では、人々の人生への期待値が高すぎて、理想と現実のギャップに苦しむことが多いのではないでしょうか。

 

参考までに僕自身の事例をあげると・・・

・人生は、自分の好きなことをして、後悔のないように生きてナンボだ。少なくともそれを目指さなきゃならない!

・仕事や恋愛、趣味が充実するように努力すべきだ!少なくとも、充実させることを諦めてはいけない!

・シケた人生はごめんだ。そんな人生、後悔しか残らない(視野が狭い)

・自分はこれから歳をとっていく一方だし、日本自体もどんどん傾いていくだろう。

そんな状況で、現状維持のまま生きるなんて、堕落だ。

 

・・・こんな思いがありました。ていうか、今でもあります。

 

でも、現実問題、本当に現実を見てみると、

特に夢と呼べるものもなく、挑戦と呼べる挑戦もしなまま、日々興味もない、むしろ苦痛な仕事や家事に追われながらただ歳とり、しっくりいかない人生の幕を閉じる

そんな人が9割以上でしょう??

 

こんな人生がすばらしいと言っているわけじゃありません。

華やかに生きた過去の偉人や今何かに向かって頑張っている人はすごいなぁと思います。

 

でも、そこを基準にして、

それができて当たり前!それを目指さなきゃいけない!

という前提が強すぎると、常に理想と現実のギャップに苦しみ続け、しかも期待が大きすぎるので、何をやっても続かない、行動できないという状態に陥ってしまうことがあります。(僕はそのパターンです)

 

なぜ期待してしまうのか

でも、なんで人は、特に現代人は人生に期待しすぎてしまうのでしょうか?

 

それはたぶん、”人生に保証を求める”のが癖になってしまっているからだと思います。

もっと深掘りするなら、世の中に当たり前に存在する、死や理不尽、虚しさを直視していない・・・もとい覆い隠していることが原因だと思います。

 

今の日本にはたくさんの保証があります。

給料、保険、生活保護、医療、各種サービス・・・

これらを使って、安全で快適な生活を送る。

これはもちろん、すばらしいことだと思います。

でも一方で、忘れてしまう事実があって、それは、

人生には絶対的な保証はないってことです。

 

だって実際、望みどおりの人生を平穏無事に歩んで、かつ満足している人なんて現代人にはほとんといないんだし。

 

なのに、自分は、自分だけは望みどおりの人生を生きる・・・生きなければいけないって思うのは、あまりにも都合が良すぎる気がします。

 

淡々と生活する

でもだからといって、夢や希望を持ってはいけないとか、やりたいことをやってはいけないと言いたいのではありません。

そうではなく、もっと自分や他人、起きる出来事や人生への期待値を下げたほうが、楽に生きられるし、日々起こることに対してフラットに対処できますよ、ということです。だって、"こんなはずじゃないんだ!"っていう葛藤がなくなりますからね。

 

その上で、やりたいと思うことがあればやればいいし、目指せばいい。

ホントに強くて、どうしようもないくらいの欲望があるならともかく、

そういうものを持たなきゃいけないとか、目指さなきゃいけないって考え方は、害になることが多いのではないでしょうか、ってことです。

 

                             以上

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やりたいことがないなら、とりあえずリソースを増やそう

①僕は特にやりたいことがない。

②➡でも、現状には満足していない。

③➡というか、このまま人生終わるのは嫌だなと思う。

④➡何が?

⑤➡気が進まないし興味もないことに一日の大半の時間を使い、ストレスを貯めているのが。

⑥➡このままではたぶん後悔するだろう。

⑦➡でもやりたいことなんてないしな・・・

➡①に戻る。

 

という思考のループ。

 

そうじゃない。

思考を柔軟にするんだ。

 

嫌なことをやっている&やりたいことがやれていないという現状

好きなことをやって活き活きと生きているという理想

 

いきなり後者にいくのは難しい。

リソース(時間・体力・精神力・)を嫌なことに奪われている状態で、

自分のライフワークとか、打ち込めることを見つけるのは現実的に考えて厳しい。

 

なら、その中間。

 

今の自分のリソースを奪っているものを捨ててしまえばいい。

 

すなわち、ライフワークではなくライスワーク(生活のための生業)を持つこと。

 

そしてそれは好きなものでなくてもいいから、効率が良くて、自分のリソースを極力奪わないものであること。

 

普通の人間が棚からぼた餅的な幸運以外で、戦略的に納得できる人生を歩むには、これが一番最適だと思う。

 

物語とその外側

 

自分はいつか死ぬ

他人ではなくこの自分が死ぬ

 やっぱりここは外せない

 

何を成し遂げても、手に入れても、どれだけ尊敬されても、生きてる間に楽しい思いをしても、人間は自分が死ぬってことの前には全くの無力じゃないのか?

 

人生の中で起こる出来事、成功失敗、喜怒哀楽というのは、いわば物語の中身の話だ。

人生とは物語のことだ。

でもそれには必ず終りが来る。

人工知能とか医療の発展でたとえ数百歳に伸びたとしても、必ず死ぬときがくる。

 

そう考えると、なんともいえない虚無感に襲われる。

俺が人生でやってきたこと、今やっていること、これからやろうとしていることに意味はあるのか?

たとえそれがものすごく人々の役にたったとして、その人々もやがてはいなくなる。

 

そもそも何か、役に立つということにどれほどの価値があるのだろうか。

どれだけ便利になっても、どれだけ不快なことが減って快感を感じることが増えても、それはただそれだけのこと。

生まれて、しばらく生きて、いなくなる。この構造の中身の話でしかない。

 

結局、人間が、他ならぬ自分自身が生まれて生きて死ぬというその事自体に納得できなければ、心の底からの充実なんてないのだろう。

 

死について語ると、現代の日本ではこういった趣旨の反応がかえってくるだろう。

 

すなわち、

「人間はいつか必ず死ぬなんてあたりまえなんだから受け入れよう。

 そして、生きている間はめいいっぱい楽しもう。そうしないと損ですよ!」

 

でも、ほとんどの人の中には、"死んだら終わりだよなぁ"というぼんやりした不安と共に、何か人生を"楽しまなきゃいけない"というじりじりした焦燥感があるような気がする。

それって無茶だ。自分の行く末が"終わり"な場所で、しかも"楽しむ"という義務を負っているんだから。

 

かといって、死について延々と考え続け、悩み続ける人生を送るのも何かもったいない気がする。だって俺は生きていて、色々な感覚や感情、考えがあって、それらをどうにか動かして物語を生み出すことができるのだから。しかも期間はたった一回きりで、時間も限られている。

 

死とか人生について考えだすと、日常のごちゃごちゃしたことなどどうでもよくなって、出家でもしたい気分になってくるけれど、それはホントに切羽つまった、どうしようもなく"死についての問い"に追い詰められている人がやることであって、ほとんどの人ははそうじゃない。

 

大多数は日常を生きている。

 

なら、そこにもちゃんと意味を見出したいと僕は思う。

 

結局、物語(=日常)とその外側(=死、未知)の両方を見据えながら生きていくのがベストだと思う。

物語の外側は、本質的だけど、そこにのめりこみすぎると日常にコミットすることができなくなる。

それはもったいないことだ。

たぶん、日常にも学ぶべきことはあるはずだから。

 

両方をちゃんとリアルに感じながら生きる。

これは一生のテーマだなぁ。