読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コクトーの実験室 ~現実を拡張せよ!~

繰り返しの日常から、いかにして現実を広げていくのか。その過程をほぼリアルタイムでシェアします。

社会人になって3年経過して思ったこと

スポンサーリンク

こんにちは。コクトーです。

 

今年も新年度が始まりましたね。

移動された方、特に変化なしの方、新社会人の方、それぞれいかがお過ごしでしょうか?

 

僕はサラリーマンとして働きだして丸3年経ちました。

社会人としてはまだまだヒヨッコですが、それでも3年は働いてきたわけです。

 

よく言うじゃないですか?「まずは3年は働け」って。

 

で、その時期を迎えたばかりの新鮮な心境をブログに書き残しておこうと思った次第であります。

 

 

 

心境その1 これがあと30年も続くのか!ありえねぇ!

まずはこれ。

 

興味のない労働に一日の大半(少なくとも8時間)

をとられるなんて、なんの拷問だよ。

 

言葉や態度には出さないけど、みんな絶対、同じこと思ってますよね。

生活のために、人生の大半の時間(それも若くて活動できる時期の)を無機質な労働にとられるなんて、ほんとうにうんざりする。

 

こんなこと言うと、「安定した生活ができるだけありがたいと思いなさい」的な

ことを言われそうだけど、それっていつの時代を前提にしてるんでしょうか。

 

今の時代、日本という国に生きていて、

「ただ衣食住が安定して満たされていれば満足できる」メンタリティの人ってむしろ少数派なんじゃないでしょうか。

 

だって、それってもはや当たり前のことだから。

 

今はフリーターでも無駄遣いしなければ、

美味しいご飯、電気ガス水道、冷暖房の訊いた快適な部屋、世界中の情報にアクセスできてコミュニケーションまでとれるインターネット環境...etc

といった環境で生活できます。

 

もはや快適な衣食住は当たり前。

だから人々の欲求も、衣食住を満たすことを超えて、

「いかに自分が納得いく人生を生きるか」ということに向かっていると思うんです。

そしてそれは働き方と切り離すことはできません。

 

だって、働くことって人生で一番大きなウェイトを占めていますから。

 

だからやっぱり、一生、活き活きと働きたいと思うんです。

 

ブロガーのイケダハヤトさん風にいうなら、

労働で消耗するような生き方はNG!です。

 

むしろ、労働が自分の活力を充電して、人生の満足度を高めてくれるものでなくてはならないと思っています。

 

心境その2 ”置かれた場所で咲くべき”って・・・リスク高くない?

これは、僕の中でまだ結論が出せていない部分なのですが。

 

仕事辞めたいって言えば、

「今の環境で精一杯努力すれば必ず芽が出る。」とか、

「必ず、やりがいを見いだせる」って言われると思うんです。

 

でも、それって本当でしょうか?

 

じゃあ、辞めずに仕事を続けている40代、50代の人達は、

何か成果を残したり、仕事にやりがいを見出したりできているのでしょうか?

タテマエではなくて、本音の部分の話ですよ。

 

たぶん、ほとんどの人がそうではないでしょう。

もし上記のアドバイスが真実なら、こんなに日本は暗くないだろうし、

鬱になったり自殺したりする人もほとんどいないはず。

 

それに、ずっと同じ環境で頑張れば報われるって考え方は、とてもリスクが高いと思います。

 

まず第一に、そこで頑張り続けて成功して得られるものは本当に自分が求めていたものなのか?って視点が抜けている。

もっと言うと、上記のような考え方だと、

「いまの仕事が自分に合っているか?本当はどう思っているのか?」

を素直に考えることに罪悪感を覚えてしまうんですよ。

”自分は困難から逃げている”って感覚に襲われますからね。

 

だから結局、十分にコミットできないまま中途半端に現状維持を続けて、

ほどほどに不幸な人生を送ってしまう。

 

第二に、期限がないということ。

 

頑張り続ければ報われるってのは、いつまででしょうか?

僕のように3年で納得行かないなら、5年?10年?

 

じゃあ20年働いていて納得いかない人はあと30年同じことを繰り返すのでしょうか?

それでは結局、退職まで現状維持のままですよね。

 

"いつかは報われるはず!"と思って努力するのはいいのですが、

「あと3年でダメなら次へ行く」など、自分で期限を決めないと、いつかいつか、で終わってしまいます。

それってものすごく怖いことですよね。

失った時間は誰も返してくれませんし、後悔しても他人に代わってもらうことはできませんから。

 

心境その3 テンポよく、世界観を広げよう

 

僕は世の中のことを知らなさすぎるなぁ、と最近よく思います。

どこかで、「勉強したって無駄だ。しんどいだけで結局現状は変わらない。」

と思っているのでしょう。

でも、違う。

勉強してこなかったから今があるんだ。

 

そして、他人の意見とか雰囲気に流されてばかりで、

「自分はどうか?」を考え、それに従ってこなかったからこその現状なわけで。

 

だったら、自分を信じて、必要だと思うこと・すばらしいと感じることをどんどん吸収していけばいいのだと思います。

 

和を以て貴しと為すはそれぞれが自分を持たないと始まらないから。

 

でも、勉強って何をしたらいいのか分からない。

 

そう思っていた時にイケダハヤトさんのこの記事を読んで方向性が定まりました。

 

www.ikedahayato.com

 

僕はイケダハヤトさんの記事が好きでよく読んでいるのですが、

この記事を読んで、やることが定まりました。

 

とりあえず、

①生活費を10万以下に抑えること。

②200万円貯金すること。

③本を読む、人に会う、少しでも興味があればやってみる、行ってみるを徹底するこ と。

④経験を自分の言葉でブログにアウトプットすること。

⑤貯金と並行して、お金を生み出す資産を構築すること。(毎月10万円相当の収入が得られるもの)

 ex ブログ、資産運用など

 

これを今から2年以内に達成します(2019年3月末まで)

 

では、また次回!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする